網走地区サッカー協会  

GK事業

Contents
TOP
協会の概要
1種(社会人)
2種(高校生)
3種(中学生)
4種(少年団)
女子
フットサル
審判
指導者養成
普及活動
強化(トレセン)
GK事業部
ファミリー拡大
リンク
Q&A
お問い合わせ

PDFページをご覧いただけないかたは、「Adobe Reader」をダウンロードしてご覧ください。

 



ホーム > GK事業

令和元年度 GK事業

〜GKは、チームが勝つ可能性を高めるポジション〜
冷静かつ勇気ある判断で相手の攻撃の芽を摘み取る、相手のシュートを安全確実にキャッチする、攻撃の起点として味方に正確なパスを供給する…ゴールキーパーの果たす役割は非常に大きなものです。GK事業部では、チームの勝利に貢献し、仲間から頼られるような素晴らしい選手を一人でも多く育成することを目的として活動しています。

前期練習会、最終日は「クロス」

10月14日、紋別芝生広場にて前期最後となるGK練習会を開催しました。参加は高校生1名。快晴の中、クロスをテーマにトレーニングを行いました。
 クロス対応は日本のGKの課題と言われます。ボールとゴール前の状況との同一視が難しいこと、また、ボールの滞空時間や軌道の予測が難しいことが要因です。トレーニングでは、まずボールの落下点をしっかり見極めること、そして、踏み切り足や空中での姿勢、さらに、いつ状況を観て・予測して・準備するかという部分へと、徐々に課題を発展させていきました。
 外での練習会はこれで終わりですが、冬季は室内で練習会を開催する予定です。多くの選手の参加をお待ちしています。

クロスに対する備え

前期GK練習会、3エリアで開催中

今年も北見、斜網、遠紋の3エリアでGK練習会が始まりました。
斜網エリアでは7/28(日)、斜里陸上競技場にて第1回練習会を開催。4人の選手が参加してくれました。
テーマは「シュートストップ」。キャッチは攻撃の第一歩となるプレー。選手たちは安全確実にキャッチするための基本姿勢、構えるタイミング、動き出し、ボールを捉える位置など、要素を一つずつ確認しながらトレーニングに取り組み、ナイスプレーが多く見られました。
今後も下記の日程でGK練習会を開催します。多くの選手の参加をお待ちしています。

斜網エリア練習会の様子

 

GKプロジェクト
年間事業計画はこちら
前期GK練習会(U-18/U-15)要項・申込書はこちら
後期GK練習会(U-15)要項・申込書

 

次回の開催予定
斜網…前期練習会は終了しました。
北見…前期練習会は終了しました。
遠紋…前期練習会は終了しました。

 

トップへ